【脱プロパンガス】スーパー風呂バンス1000とバスポンプで節約オール電化生活して3カ月の電気代や感想

シェア?

DSC_0284
我が家のスーパー風呂バンス1000です。

これはなにかというと、水の中に入れてスイッチを入れるとお風呂を沸かしてくれるというものです。
主な用途は「追い炊き」機能のない家庭などが想定されているのかな?
電気でお風呂が沸かせるというところが画期的。
東日本大震災などでガスの復旧が遅れていた場所などでは若干注目されたらしい。

なんで僕がこれを使っているのかというと、【脱プロパンガス】生活をおくるためなのです。

僕は生まれてこの方、都市ガスの中でしか生きてこなかったというのもあり、ガスのことを何も考えずに3月の引っ越しを決めてしまいました。
「プロパンガスかぁ、少しは調べないとなぁ…」と思い調べたのが引っ越しの一週間前。
そこでプロパンガスの価格に驚愕したのです。

プロパンガスは都市ガスと違って、地元のプロパンガス会社(しかも大抵は使用できる会社は建物ごとに限定されている)が価格を決めているので地域差が生まれるんですが、
良くて都市ガスの2倍、悪くて5~6倍という価格設定だと知りました。

そして東京時代の僕は毎朝シャワーをじっくりゆっくり浴びる生活だったので、当時のガス代は月4,000円。
これが8,000円~20,000円超にまで膨れるのかと思ったら、それくらいなら家賃もっと高いとこに住めるがな!! と思いガス契約をしない、ということを決めました。
参考記事:福岡に移住して2ヶ月。いいところを超個人的な視点で3点。

(実際は地元のプロパンガス会社ごとでの設定だけに良心的なところもあるらしいのでコミュニケーション能力がある人はちゃんと価格を問い合わせてから判断した方がいい)
(ま、大抵はぼったくられるけどね!)

そもそもガスは大抵はキッチンよりもお風呂での使用が8割とからしくて、一人暮らしで自炊をよくしている僕でもキッチンのガスは微々たるものらしい。
要はお湯を沸かすのに一番エネルギーがいるみたい。しかもお湯の栓をひねれば即座に継続的に出るわけだからね。

キッチンはIHでもカセットコンロでもなんとかなると踏んでいたので(IHの場所に住んでたこともあったので)、
そんなこんなで、引っ越したらどうやってお風呂、もといシャワーを浴びるかという大問題がつきつけられました。
(銭湯に通うとかも考えたんだけどね、福岡には銭湯ほっとんどないの)

スポンサーリンク

スーパー風呂バンス1000で脱プロパンオール電化生活は実現できる

そんなわけで引っ越し直前にめちゃめちゃ調べました。

2番目の動画はよしもと芸人の鈴川絢子さんの動画で、僕は結局そこでの構成をほぼ真似ています。

引っ越し直前になり、電気でお風呂沸かせるスーパー風呂バンス1000ってすごいじゃん!となりほぼ即決(というか僕には生活に必須なインフラレベルだった)。
他にも湯沸し太郎という競合商品もあるのですが、風呂バンス1000はその名の通り1000wの電力で沸かしてくれるので少しはやく湧くらしいのと、2chとか読み込んでみた個人的な印象で耐久性は風呂バンスかなと思い風呂バンス1000にしました。

僕は3月当時一番安かったのがAmazonだったのでAmazonで買いましたが、最安ショップは変動してるみたい。
[Amazon]スーパー風呂バンス1000
[楽天]スーパー風呂バンス1000

ちなみに、スーパー風呂バンス1000のメーカーさんが赤っぽい色からスタイリッシュな青色にリニューアルしたスーパー風呂バンス1000リニューアル版も近年出たっぽいけど、そっちは高い。
耐久性の情報はまだ転がってないけど、もしかしたら改良されているのかも。でもリッチな暮らししていないから倍近い価格のリニューアル版は買わない普通。
[Amazon]スーパー風呂バンス1000リニューアル版
[楽天]スーパー風呂バンス1000リニューアル版

あと、追い炊きメインで風呂バンス600という低出力版もあるけど、そっちだとお風呂を沸かしたい人たちには使い物にならないので注意。あくまで保温用途でもともと温かいお湯に入れるものが600。
[Amazon]風呂バンス 600
[楽天]風呂バンス600

そんでスーパー風呂バンス1000は冷たい水の中に
DSC_0285
こうして沈めて使います。
DSC_0286
バケツ?

…なんで浴槽にポリバケツが!

これが最大の節約ポイントと言っても過言ではない!

一人暮らしで毎回シャワーのために浴槽いっぱいのお湯を沸かすわけにゃいかぬよ先生! ということで、
ポリバケツを導入しました。

これが最大の節約ポイントと言っても過言ではない!(大事だからね)

もちろん、一人暮らし限定の方法だと思いますが。
シャワーで使う分だけ沸かせばいいんだと考えたんです。

僕はシャワーを毎回30分ほど使うんです。(多分男子としては使い過ぎ。)
そこから普段の水の量を考えたんですが、この辺って調べても有益な情報出てこないんですよね。1分で10リットルっていう情報もあれば、3分で10リットルっていう情報もあって。
それで一度引っ越す前にシャワーを浴槽で浴びて使用した水を全て溜めるということをしました。そしたら大体45リットルくらいだったんです。

だからそのくらいの水が溜められる容器と節水シャワーがあればなんとかなる! と思いました。

水をためるだけだから、ある程度清潔に手入れできるもので、でっっきるだけ安いものでよかったので、安いポリバケツ(というかゴミ箱なんだけどねこれ!)を買いました。
DSC_0276

これのイエローグリーン。(2個セットじゃなくて1個で1,000円くらいで欲しかった…が文句は言うまい)

すごく個人的な感覚なんですが、ポリバケツとか容器とかのグレーとかブルーみたいなのはものっすごく抵抗があったんですよ。
だって毎日のように使うシャワーでそんな色見て過ごしてたら憂鬱になるもん。
だから割とこれは見つけられてよかった。大きさと価格がちょどよかった(浴槽に入るかどうかとかも重要だからね)。

でも、まぁここはコスパ重視するならホームセンターとか行った方がいいのかな?
僕は近所にホームセンターないからちょうどよかったけど。

ポリバケツなどでそもそも溜める水の量を減らせたことが一番の節約でした。
(湯船つかりたいときはバケツをどかせばいいだけだし)

なのでお風呂場はこんな様子です。
DSC_0275

実際に使ってみるまでが少し大変

バスポンプには[Amazon]ナカサ バスポンプ NBP-NBP-50を使っています。
DSC_0295
(スイッチが手前になるように置いているので商品名が逆さまで見にくいですが)
右にあるのは風呂バンス1000のスイッチ。

先ほどのよしもと芸人鈴川さんの動画を一時停止して観察してこれを使ってるんじゃないかな? と思い、決めました。
バスポンプも色々あるのですが、水の勢いがなるべく強い方がいいので主に動画で調べていました。

シャワーヘッドは[Amazon]カクダイ 低水圧用マッサージストップシャワヘッド 356-705と延長ホースに[Amazon]カクダイ 大口径シャワホース 2.0m 3676Cを使っています。
DSC_0278

シャワーヘッドの必須条件に、手元で一時止水できないといけない、というのがあります。
なぜかというと、バスポンプのスイッチを一度オンにしてお風呂場に入ったらバスポンプはずっと作動し続けるからです

一時止水しないとシャワーがずっと出ている状態になり、溜めていた水がどんどん減ってシャンプーしてる最中にお湯が切れるなんて事態になりかねません。
なので、一時止水できるシャワーヘッドで評判がよさそうなのにしました。

そして、スーパー風呂バンス1000のスイッチを入れて、お湯が完成するのを待つだけなのですが、ここでプログラムタイマーの出番です。
DSC_0289
[Amazon]プログラムタイマー付きエコキーパー EC-04
[楽天]プログラムタイマー付きエコキーパー EC-04

プログラムタイマーって調べるまで当時知らなかったんですが、時間や曜日などの条件を設定することでコンセントのオンオフを自動で切り替えてくれるというものです。
これもピンからキリまであるんですが、僕の使用用途が毎朝起きたらシャワーを浴びれる状態にしておきたいくらいの使い道だったので、風呂バンス1000のコンセントをさすだけ用にEC-04というものにしました。
ちなみにおおよその電気代表示もしてくれるので節約したい人にはプチうれしい。

これにオンになる入時間と曜日を
DSC_0291
設定し、(P1っていうのはプログラム1番、ってことで20番まで設定できます。僕は1つしか使ってないけど)
DSC_0293
オフになる切時間と曜日を設定します。

(※風呂バンス1000のスイッチをオンのままにしておくのを忘れない様に!)
DSC_0287
これを
DSC_0288
ちゃんとオンにしておきます。
ちなみに電源スイッチの横にある黒いスイッチは、「ぬる湯」と「あつ湯」という設定を切り替えられるスイッチです。
「あつ湯」だと体感だと出来上がりが44℃くらいで少し熱いけど僕は「あつ湯」を使っています。「あつ湯」だと1時間寝坊してもまだシャワーとして使える温度でした。生活をもっと切り詰めたいんなら「ぬる湯」でもいいかもしれません。
(スイッチの下にタオルを敷いておくとオンの間の振動音が全然気になりません)

プログラムタイマーを寝る前に設定するという生活です今は。(2日に1回くらいしか家を出ないので、都度設定しています。)
毎日外を出る人だったら複数の曜日や平日のみとかの設定もできるから一度設定すればいい。祝日は気を付けないといけないけど。
あるいは時間を夜に設定しておけば帰って来てシャワーを浴びれるようにもできます。

で、スーパー風呂バンス1000をどれくらいの時間オンにしておけばいいのかをわかっていないと設定できないのが面倒なところです。
(だから水の量を把握しておいたのが役に立った)
あ、でも長くオンにしてしまう分にはスーパー風呂バンス1000が保温に切り替わってくれるのでお湯の温度は心配しなくて大丈夫です。節約したいからなるべくお湯が完成すると同時に電源を落としたいよね、って話です。

スーパー風呂バンス1000のレビューを調べるとお風呂が沸くまでに冬場で8時間、という情報が出てきます。
風呂蓋とか家の環境とか夏場とかで6時間くらいまでになるらしいですが、僕の家はいかんせんポリバケツなのでもっと短くて済むだろうと思いました。
そこで一般家庭のお風呂の水量を調べましたら大体250リットルくらいで、それが沸くのに8時間ということなんですね。
それで僕の家のポリバケツが45リットルくらいなので、大体7分の1くらいの時間で済むのかな? と思いました。

この辺は3カ月の生活で調節していったんですが、55分~65分ほどで「あつ湯」の完成というのが実感です。

そして悲願の温かいシャワーを浴びることができます!
DSC_0296
備え付けのシャワーより水の勢いも強くて快適だった。(備え付けのシャワーはお湯出ないから浴びたことはないけどね)

ぶっちゃけ電気代も安い

大事だから繰り返し言いますが、一人暮らしだからというのは大きいです。

一人暮らしだから45リットル程度の水を沸かす日々で成り立つんです。
これが一般家庭の250リットルの日々になったらわからん。(でもプロパンガスよりは得だと思うけどな、都市ガスと比べたらわからない)

先ほどのプログラムタイマー、おおよその電気代を示してくれるのですが、3カ月間一度も面倒でリセットしてません。
DSC_0294
913.8円ということですね。

3月から6月の今日まで大体60回くらいは使っている気がするので、一回あたり大雑把に見て16円くらいでしょうか。
銭湯よりは確実に安いね。(プロパンは契約しちゃうと使わなくても2000円/月くらいかかるのを考えたら… 貧乏人には恐ろしいぜ)

まぁそれでもゆっくーりつかりたい時は銭湯とか温泉とか月3回くらいデートで行ってるけど。これは昔からそういうライフスタイルなので変わらず。

プログラムタイマーの電気代計算がどんな風になってるかはわからないけど、とりあえずキッチンのIHも含めて実際の電気代は月3,600円程度なのであまり東京に住んでいた頃と変わっていません。そういう意味では光熱費から今までのガス代がまるまるっとなくなった気分です。
(ちなみに18歳の頃は、光熱費だけで月15,000円とかしていました。本当にそういう意味でも恐ろしい生活でしたね!)
参考記事:「DV彼氏と同棲していた」と友人には伝えていたけれど、自分にも非があるという気持ちは今もある件について当時のことを振り返りながら考えてみる

ちょっとごちゃごちゃしていますが、コード類は洗濯機の上に都合よくあった棚に置いています。
DSC_0290
これ、上の方にちゃんと置くことが使い方で書かれています。安全のためにね!
もちろん商品も安全にしっかり設計されていますし僕自身もしっかり慎重に扱ってますので大丈夫ですが、安全管理は自己責任ですよ。というか濡れた手でスイッチ部を触るなんてバカな真似はしないでくださいね。

ちなみに、バスポンプとシャワーホースをつなげるのに苦労しました。
というのもバスポンプのアウトプット部とシャワーホースの口径が違うんですよね。バスポンプ側の方が少し大きめ。真面目につなげたい人は継手を買わないといけない。でも僕はこれに丁度合う継手とかホースとか新たに買うのが出費も余計にかさんで面倒だったので無理矢理ぐいっぐいっとつなげました。3カ月使っていて1度だけバスポンプから外れてシャワー中に悲しい思いをしたので、これからも気を付けないといけない。でもちょうどいい継手を探す術がなくてつらい…。長さ測ってホームセンターに行くのが吉でしょうね。

スーパー風呂バンス1000を入れると、
DSC_0297
コードが太いのでドアはこんな感じで閉まりませんが、シャワーを使う時はスーパー風呂バンス1000をちゃんとお湯の中から取り出してお風呂の外に置いて使うので、バスポンプのコードだけだったらちゃんとドアも閉められるので問題ありません。

ということでスーパー風呂バンス1000は偉大

家賃も含めて月8万円で生きれてしまう貧乏ニートの必需品、スーパー風呂バンス1000がなかったら多分もっと都心でスーパーの少ない場所に住まないといけなかった。
参考記事:ニート経験23日の僕の23の言い訳

光熱費も去ることながら、近所のスーパーというものがないと自炊きついからね。

オール電化の今のところのデメリットは食器洗いがお湯で出来ないってことなので、なんとか節約して年内に食洗器を手に入れたいところ。

そんなかるべの話でした。

スポンサーリンク

シェア?

フォロー?

質問や疑問は「お問い合わせ」よりご気軽にラフに肩の力を抜いてどうぞ。
かるべと「なにかしたい/したくない」などのコンタクトは[ウキボリ] をご利用ください。

コメント

  1. 通りすがり より:

    質問させて下さい。
    ホースとポンプの接続はどのようにされているのでしょうか?
    紹介されていたホースは金属の金具が付いていると思うのですが、
    そちらを切り落として使用するのでしょうか?
    お時間のある時にご回答を頂けたら嬉しいです。

コメントします?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です