やりたくないことも我慢してやった方がいい

シェア?

Hisilicon K3

どんなことも諦めずに続けたら見えてくるものがある、と
そういう意見があります。

でも、同時に道を決めるのは自分自身だという見方もあって、困惑します。

我慢をした方がいいのか、この我慢は自分を苦しめるだけなのか、その判断をするのが難しくて、判断を避けて思考停止してしまっていませんか?

スポンサーリンク

我慢をした先に、達成したいことはあるのか

逃げ癖のあるように見られる僕ですが、ちょっと違います。

というか多くの人がそうであるように、目標に向かっての我慢だったら僕も頑張ります。

しかもそれは少し常人より外れて夢中になってしまうことがあります。屋内だと気付かずに普通に18時間とか経っててやばい。
(でも不器用さや要領の悪さで目に見えた短期的な成果にならないから社会不適合なのですが)

バイオリンの練習やパソコンの勉強や音楽のこと、温泉宿で露天風呂に入ることや、家で腹筋をするとか…

自分がこうしたいと思うことや、こうなりたいと思うことはあまり我慢と思わずに、努力や楽しみとして取り組める人が多いと思います。

仕事でも同じです。

もし苦しいなと思ってるんだったら、そこにチャンスや次へのステップがあると思います。

自分の声を押し殺して、胸を張って死ねる幸せを僕は欲しくありません。
その意味で、現状は我慢から一転努力の期間だな感じます。

やりたくないことも我慢してやった方がいい?

たしかに、それが新しい楽しみや可能性につながることもあります。

ただ運任せな感じが否めません。

流れに身を任せるのが今なのか、見極める必要があるかな、と思います。

スポンサーリンク

シェア?

フォロー?

質問や疑問は「お問い合わせ」よりご気軽にラフに肩の力を抜いてどうぞ。
かるべと「なにかしたい/したくない」などのコンタクトは[ウキボリ] をご利用ください。

コメントします?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です