7年恋人の途切れたことのないゲイが1カ月で恋人を必ずつくるための3つの行動を伝授する

シェア?

「モテたい!」

そう考える人は僕の周りにも多くいました。
そして大抵「モテたい!」と言う人に恋人はいません。

僕もモテてみたいなぁくらいにはよく考えます。
ですが、恋人が途切れないことで有名です。

モテるわけではない僕が、
ましてやゲイの僕がなぜ恋人が途切れずにいるのか。

ここには明確に
「モテる」≠「恋人ができる」
というカラクリがあります。

あなたはモテたいのか、恋人が欲しいのか?

あなたはモテたいのか?
それとも恋人が欲しいのか?

モテるというのは、多数の人間からちやほやされるということです。
恋人というのはあなたと一対一の関係を紡ぐ人のことです。

ここでそれでも「モテたい!」と思う人はここからは読む必要がありません。

僕が話せることは、モテなくても恋人がつくれるということ、
そしてその方法です。

モテたい人や恋人を別に要らないと感じる人はこれから話すことは関係があまりないです。

「恋人をつくるんだ!」という意志がある人には意味があると思います。

スポンサーリンク

恋人をつくるために1カ月ですること

1.数を打つ

いきなり何を言っているんだ、と言われそうですがとても大事なことです。
もちろん、恋人はこの人じゃなきゃだめなんだと心に決めている人は読み飛ばして構いません。

あなたが少しでも付き合ってみたら楽しそうかなぁ、と思えたらそれは全てストライクゾーンです。

しかし、数を打つと言ってもここに下心は持ち込んではいけません。
下心を持って数を打つ人は“ビッチ”と言います。
間違ってもこうなってはいけませんし、これでは職場や学校でも引かれてしまいます。

要は、自分のストライクゾーンを広げ、少しでも引っかかるなら狙っていこうということです。

恋人が欲しいのにできないと言う人の言い訳には
・理想が高くて…
・周りにいい人がいない…
・自分のことをいいって言ってくれる人はいない…
というものがあります。

これらの多くは自分の恋愛スタイルを変えるのがめんどくさいというのが実際です。

あなたの周りの人だって人間なので一長一短あるのです。
最初から完璧な人と完璧な恋愛をするのではなく、
もっと視野を広げ、人の短所は無視するくらいのつもりで恋愛対象を広げましょう。

そして自分からアプローチをしましょう。

長所に惹かれて来た人を悪く思う人はいません。
惜しみなく、相手の長所を伸ばすくらいの勢いで接することでぐっと距離は縮まります。
 

それでも周りにいい人がいない、あるいは玉砕してしまった場合に次の一手です。

2.積極的に出会いの場へ行く

視野が広くなったあなたなら、今までつまらなかった合コンも彩りが加わって見えるはずです。

恋人が欲しいのにできないと言う人の言い訳には
・出会いがない…
・そのために出会うのとかめんどくさい…
・恋愛のために出会うのってなんかおかしい…
というものがあります。

しかし、ではこのまま待っていて運命の出会いがあるのでしょうか?
「自分は待ちます!」という恋愛への理想が高い人は、やはりこれ以上読む必要はありません。

恋愛は出会いから始まります。

繰り返しますが、出会いのしょっぱなから下心を持ち込んでいるとドン引きです。

反対に、新しい出会いで気を付けなければいけないのは、相手の下心です。
いくら短所に目をつぶると言っても、最低限は気をつけましょう。

ここで重要なのが、どう出会うのか、です。
あなたの好みと下心見破りスキルに合わせて選べばよいと思いますが、
・友人の紹介(比較的かんたんで安心)
・合コンなどの飲みの席
・趣味やサークルなどの集まり
・結婚相談所などのサービスを利用する
・バーや居酒屋や定食屋など、たまたま居合わせた人と仲良くなる(ちょっとレベル高い)
です。

今は街コンなどを開催するサービスも増えていますし、あなたが積極的に動けば出会いそのものは以前より容易になったと言えます。

あとは積極的に動くだけです。

もし、それでも踏み出せない場合は、あなたは別に恋人を心からつくりたいと思っているわけではないのだと思いますが、いかがでしょうか?
それもアリです。自分が本当に恋人が欲しいと考えた時こそが、正しいタイミングかもしれません。
 

しかし、それでもストライクゾーンも広げて、いろいろな人と出会うのに玉砕続き。
そんな人には最後の3つ目の方法しかありません。

3.メンタルを強くし、前回の反省を次に活かす

これが一番重要です。

一回目から上手くいくような人はそもそも、ここまで読んでいないと思います。

僕がなぜ恋人が途絶えないで7年きたのか、
この3つ目こそが本質です。

告白の打率だけなら僕は9割を超えていますが、
出会いから恋人にまでつながった率は1%いくかいかないかくらいです。

しかも毎回心を閉ざすことなく、一回一回傷付き、
反省し、次に活かしていきました。

一回一回に、なぜその人と恋人にはなれなかったのかの理由が必ずあります。
・自分の譲れない部分に関わっていた
・自分が相手のタイプでなかった
・相手の~な性格に自分が応えられなかった
・相手の長所を見誤った
などなど、それらをしっかり覚えて、次に進むしかありません。

恋人が欲しいのにできないと言う人の言い訳に
・同じ間違いを繰り返しちゃう…
というものがあります。

あなたは、そうなっちゃいけません。

自分の短所はやっぱり直していこうとしていた方が好印象ですし、
人を見る目も育てていく方が、恋愛だけじゃなくあなたの役に立つはずです。

1カ月間、集中して出会いと反省を実践すれば、恋人ができることは間違いないです。

これはただのスタートに過ぎない

スタート地点に立つだけで、人によって努力量の差があるのがつらいところです。
ですが、それでもやっとここからスタートです。

恋人ができただけでは、なーんにも安心できません。
2週間で別れちゃうかもしれませんから。

でも、悪い未来を想像しすぎて今を過ごすことはもっとよくありません。
楽しく、長く、恋人と過ごしていくことを意識していけるといいなぁと僕は思います。

スポンサーリンク

シェア?

フォロー?

質問や疑問は「お問い合わせ」よりご気軽にラフに肩の力を抜いてどうぞ。
かるべと「なにかしたい/したくない」などのコンタクトは[ウキボリ] をご利用ください。

コメントします?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です