自分が好きなものがわからないことに不安を覚えるのは、社会に適応しようとしている証拠だから自信を持っていい

シェア?

DSC_0313

別段、恋愛に限った話ではないのですが、「何かを好きでいなきゃおかしい」という圧力がとても強い社会です。

そんなに自分の感覚に対して妄信的なのでしょうか?
(とはいえ完全に自信を失うのも考え物だと身を持って知ってはいますが)

やれ好きなことを見つけろだの、やれ好きなことを探せだの、
好きなタイプ、好きな服、好きな過ごし方、好きなお菓子……

なにか好きなことがあるだろう、と呆れられ
終いには、「ホラそれが好きなんじゃん!」とか説教されます。

「好き」というものはそんなに重要なのでしょうか?

参考記事:7年恋人の途切れたことのないゲイが1カ月で恋人を必ずつくるための3つの行動を伝授する

スポンサーリンク

好きなものを好きと言っていいなら、好きじゃないものを好きじゃないと言っていいのか

答えはダメです。

とても簡単に言うと、一般的にヘイトスピーチは人権侵害の可能性がとてつもなく高いからです。

だから批判は言って良くて、嫌いは言っちゃダメというわけです。

しかし、嫌いにも市民権を持つものがあります。
納豆とか、黒板をひっかく音とか、若者の音楽とか…

市民権を持つっていうのは実はすごい怖いことです。
この市民権を上手に秩序立たせる作業がこの世にはある。

とはいえ、曖昧なものです。とっても人間らしいと僕は思います。

「好き」、ってなによ

僕は、とてつもなく真面目に答えるときは、「自分で決めていい事だと思うよ」と答えます。

だって、なんで他人や風潮に規定されなきゃいけないんですか?

自ら選択して、他人や風潮と合わせていくのと、
気がついたらみんなと同じものが好きだった、というのはわけが違います。

無自覚な人は、人を傷つけるような物事が市民権を持ってしまった時に簡単に加害者になります。

別に僕も流行は興味があるので、やれ視聴率がいいドラマだ、やれアヒージョだ、やれすね毛をすくんだ、と色々と目移りします。
でも、たった一歩手前では「自分はそれを好きなのか?」と自問自答します。

ビジネスマンから見たら、生産的でない考え方です。
やはり人生単位で、株価の変動単位で物事をとらえる人と比べると、行動の速度に違いがどうしても出てしまいますから。

僕が自分の「好き」を確認する大きな理由の一つは、こうして
「誰かをどの程度、どういう場合に傷つけてしまうのか」を自覚しておきたいというものがあります。

ですが、時間がもったいなさ過ぎて待ってられないとか、
別に見知らぬ誰かが傷付こうが構わんずら、という人は目の前の患者より未来の100人を治す医者なんだと考えれば、長所もあると思えます。
ので、別に否定してるわけじゃありません。それこそ「嫌い」なだけです。

積極的「好き」と消極的「好き」

僕が今話した「好き」はとっても消極的です。

でもそもそも人を傷付けるのが怖い怖いとか言って、結局「好き」を選ぶのですから冷徹な医者より傲慢かもしれません。

積極的で妄信的な「好き」に対して人は良くも悪くも無力です。
つまり、積極的「好き」に対して攻撃を与える術はかなり限られてるんですね。
あなたの「好き」がこんなに周りを苦しめているんだよ! とか言ってもカッパの屁です。

つくづく人間は「好き」に支配されていますね。

そんな積極的「好き」で満たされると、多くの人は「幸せ」を感じます。
だから他人にオススメしちゃうんですね。「なにか好きなことはないの?」って。

重要なのは、積極的「好き」は意図的に生み出せないことです。

就活や入試で「好き」を振り返る機会が与えられる実情だと思いますが、
今までそんな段階まで自覚できなかった「好き」をつくりだす術はたった一つです。

洗脳や暗示です。

「あぁそういえばこれ好きだったかも、いや好きだ!」

この瞬間、あなたにはビジネスマンの才能が芽生えます。

いや、そもそも自分を説得できるなんて、よっぽどの強い理性、人間性を生得されているのだな、と本当に嫉妬します。

ですが、それは「幸せ」への近道です。
それとも、あなたは自分の変化する前の積極的「好き」が見つかっていない気持ちにも、権利があると考えますか?
普通は、気持ちが変わってしまえば、大事にするのは変化後の自分自身です。
つまり、自己暗示や洗脳は「幸せ」になるために必要なのです。

だから自己啓発書とかメンターとかそういうのが力を持つのです。
そしてそれらを気持ち悪いだの否定するのはお門違いも甚だしい。
人の「幸せ」を喜べないそんな人たちにこそメンタルケアが必要です。

それとも「幸せ」にならない選択に市民権が付与される未来があると思いますか?

自分の気持ちに答えを出さなくていいけど

そうして自分の気持ちに迷ってしまった以上、
あなたには「不幸」になる才能があります。だから気を付けた方がいい。

どっかで自分を失くしてしまった方がいいです。
あるいは、もう本当に徹底的にあますことなく一切の悔いなく覚悟を持って選択するか、発見するかしかありません。

そんな細い糸を追いかけるのは不毛でしょうか?

「好き」なものがわからなくたっていいじゃないですか。
そもそも「好き」っていう感覚がわからなくたっていい。

既にあなたは望んでか否かは別に環境と葛藤しているんだから、
葛藤する自分を大事にするか、蔑ろにするか、
それさえも悩むのか、そして耐久戦に持っていくか。

僕は、葛藤したり、焦ったり、洗脳してみようとしたり、耐久戦したり、忘れちゃったり、
とっても人間らしい自分が「好き」です。
あなたは自分が「好き」ですか?

スポンサーリンク

シェア?

フォロー?

質問や疑問は「お問い合わせ」よりご気軽にラフに肩の力を抜いてどうぞ。
かるべと「なにかしたい/したくない」などのコンタクトは[ウキボリ] をご利用ください。

コメントします?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です